大阪・がんこフード「笹蒸し寿司」 賞味期限改竄、最長9カ月

 和食レストランを展開する「がんこフードサービス」(大阪市淀川区)は11日、ギフト販売用冷凍食品「笹蒸し寿司」の賞味期限を社員が改竄(かいざん)して販売していたとホームページ上で公表した。改竄は昨年11月以降行われ、234箱が販売された。同社は、購入者に健康被害の有無などを確認し、必要な補償を行う。

 同社によると、笹蒸し寿司の通常の賞味期限は6カ月。改竄されていた商品は昨年11月に賞味期限を迎えたが、9カ月後の今年8月末と表示していたものもあった。

 報道機関からの指摘を受け同社が調査したところ、在庫管理などを担当していた社員2人が改竄を認め、「発注分を販売しきれず在庫が多くなってきたため」などと説明しているという。

 同社は大阪市保健所などに報告し、安全確認のため一部商品の販売中止を決定。社内調査を進めるとともに、弁護士ら第三者による調査委員会を立ち上げ、原因究明と再発防止策の策定を行う。

 同社の担当者は「お客さまおよび取引先、関係者に深くおわびする。同様の問題がないか調査するとともに、二度とこうしたことが起こらないよう全力で対応していく」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ