他人のカード情報でタブレット不正購入 詐欺容疑で中国人留学生逮捕

 不正に入手した他人のクレジットカードでタブレット端末を購入したなどとして、警視庁サイバー犯罪対策課と池袋署は、詐欺の疑いで、中国人留学生の板橋区常盤台、樊瑩(はん・えい)被告(28)=別の詐欺罪で起訴=を逮捕した。樊容疑者は黙秘しているという。

 樊容疑者は電子マネー決済サービス「ドコモ口座」の不正出金事件で、他人の銀行口座からドコモ口座に不正チャージ(入金)したなどとして逮捕、起訴されていた。指示役から連絡を受け商品を購入する「買い子」とみられる。

 逮捕容疑は令和2年9月29日から10月12日までの間、他人のクレジットカード情報を用い、豊島区内の家電量販店などでタブレット端末など計約25万円分を購入したなどとしている。

 サイバー犯罪対策課によると、今回も含め計8人分のカード情報で約850万円相当のタブレット端末などを不正に購入し、中国に送るなどしていたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ