記者が語る「信楽高原鉄道事故から30年」

 平成3年5月14日午前10時35分に滋賀県信楽町(現甲賀市)で、信楽高原鉄道(SKR)の4両編成の列車と、乗り入れていたJR西日本の臨時列車(3両編成)が単線上で正面衝突し、乗客乗員計42人が死亡、600人以上が負傷した事故から丸30年を迎える。わが国の鉄道史に残る大惨事。節目にあたり、当時、大津支局員として現場取材にあたった記者が振り返った。

混乱を極めた1週間

 --第一報は?

 野瀬吉信(大津支局長) 記者3年目に入ったばかりで県政を担当していた。当時、県庁の隣にあった県警の広報官室でたまたま雑談をしていて、発生を知った。一報は「信楽高原鉄道が転覆」だった。すぐに支局のデスクに電話連絡した。

 鮫島敬三(大阪運動部次長、前大津支局長) 県警の記者室で一報を受けた。時間帯からJRの臨時快速がからんでいたら大惨事だと思った。その通りになってしまった。

 岩田智雄(大阪編集長) 夕刊の締め切り直前だった。大津市政を担当する駆け出しの記者で、現場に行く時間はなく、支局でJRや信楽町役場に電話をかけまくり、事実関係の把握に努めた。列車が大破する中、現場の様子がわからずに苦労した。

 平岡康彦(大阪地方部次長) 大津地裁で刑事裁判を傍聴していた。ポケットベルが鳴って退室した。他社の記者が退室していくのを見ていたので、事件か大きな事故かと緊張したのを覚えている。

 内田透(大阪編集局総務) 4月に入社したばかりの新米記者で、大阪府警曽根崎署で社会部の先輩記者から研修を受けている最中だった。記者室のテレビに映し出された事故現場の光景は今も大きな衝撃とともに胸に残っている。見たことのない惨状にあぜんとした。半月後、大津支局に赴任し、以降4年近くにわたり、捜査や遺族の活動などを取材した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ