広島県警巡査長を逮捕 薬物譲り受け疑い

 広島県警は14日、覚醒剤とみられる物を譲り受けたとして、麻薬特例法違反の疑いで、県警機動捜査隊東部分駐隊所属の巡査長、岡田悠容疑者(35)=同県福山市本郷町=を逮捕したと発表した。逮捕は13日。県警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は昨年12月27日と今年3月3日に、同県尾道市と福山市の駐車場で、譲渡者から覚醒剤とみられる物を譲り受けた疑い。

 県警によると、今年3月、別の人物を覚醒剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕。捜査の過程で岡田容疑者が浮上した。薬物の種類や、共犯者の有無を調べている。

 引地信郎警務部長は「不正を正すべき立場にある警察官による言語道断の行為。捜査結果等を踏まえ、厳正な処分を行う」とのコメントを出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ