信楽高原鉄道事故から30年 「事故忘れない取り組みを」

 滋賀県信楽町(現・甲賀市)で平成3年、信楽高原鉄道(SKR)とJR西日本の列車が正面衝突して乗客ら42人が死亡した事故から、14日で30年となった。新型コロナウイルス禍が続く中、現場近くの慰霊碑前で、感染対策をして追悼法要が営まれた。法要は鉄道側が主催。事故発生時刻の午前10時35分ごろ、SKRの列車が現場を通過し、汽笛が鳴り響いた。

 鉄道側を相手取った賠償訴訟に遺族側弁護団長として携わった国府(こくふ)泰道さん(66)は「42人の死を語り継いだ30年だった。事故を忘れない取り組みを続けることが、鉄道側にとっても社員の安全教育につながる」との談話を寄せた。

 事故は3年5月14日に発生。SKRの普通列車と、線路に乗り入れたJR西の臨時列車がぶつかった。重軽傷者も600人以上に達した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ