同居男性暴行死容疑で男逮捕へ 大阪府警

 大阪府豊中市のマンションで約2年前、知人男性を暴行して死亡させた疑いが強まったとして、大阪府警は24日、傷害致死容疑で、同居していた無職の男(63)から事情聴取を始めた。捜査関係者への取材で分かった。容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 捜査関係者によると、男は平成31年1月、当時住んでいた豊中市内のマンションの部屋で、同居していた男性(64)に暴行を加え、死亡させた疑いが持たれている。

 司法解剖では当初、男性の死因は不詳とされたが、当時のほかの同居人らの話などから、男が暴行を加えていた疑いが浮上したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ