紀州のドン・ファン殺害3年 関係者「裁判で明らかに」

 「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助さん=当時(77)=が急性覚醒剤中毒で死亡した事件は24日、発生から3年を迎えた。先月28日には、殺人と覚醒剤取締法違反の容疑で元妻の須藤早貴(さき)被告(25)が逮捕され、事件は急展開。須藤被告は今月19日に両罪で起訴され、今後は裁判員裁判で審理される。生前の野崎さんを知る関係者は「真相を明らかにしてほしい」と訴える。

 田辺市の閑静な住宅地にある野崎さんの自宅。須藤被告が逮捕された4月28日は大勢の報道陣でごった返したが、その後、静けさを取り戻した。急死から3年を迎えた5月24日は立ち入り禁止の規制線が張られ、小雨が振る中、道行く人は少なく、ひっそりとしていた。

 近くに住む40代の女性は「きょう(野崎さんが)亡くなり3年というのは知らなかった。裁判がどうなるか注目したい」という。

 市内にある野崎さんの墓では、真新しい赤や白の花などとともにビールが好きだった野崎さんのために缶ビール2本が供えられていた。墓の側面には、須藤被告の野崎さんとの結婚当時の名前で「野崎早貴建之」と刻まれていた。

 野崎さんの自宅の工事を担い、約20年のつきあいがあるという白浜町にある工務店の男性社長(59)は「商売熱心な人だった」と生前の野崎さんを振り返る。野崎さんとは何度も食事したことがあるといい、「いろんな人を呼んで食事するのが好きだった。呼ぶのは安心できる人、好きな人で、寂しかったのだと思う」と思い起こした。裁判に向けては「これだけ世間を騒がせた事件の真相が明らかになってほしい」と望んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ