琵琶湖遺体は14年前の殺人事件被害者 スーツケースから発見

 滋賀県彦根市の琵琶湖畔でスーツケースの中から遺体が見つかった事件で、滋賀県警は24日、遺体の身元は平成19年に殺害された大阪市西区南堀江の歯科医院経営、井沢貴(たか)生(お)さん=当時(38)=と特定したと発表した。井沢さんを殺害したとして20年に元共同経営者らが逮捕、起訴されており、県警によると有罪が確定し服役中。県警は彦根署捜査本部を解散する。

 県警によると、スーツケースや遺体を包んでいたシートの特徴が14年前の事件のものと一致。DNA型鑑定の結果、井沢さんと複数の家族のDNA型が一致したことから、特定した。

 事件は19年11月8日に発生。吹田市内の事務所で、元共同経営者の男ら3人が共謀し、井沢さんに麻酔薬入りの栄養ドリンクを飲ませて首を絞めて窒息死させ、遺体を琵琶湖に遺棄した。大阪府警などが当時、遺体の捜索を行ったが、見つからなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ