入試で988件採点ミス、教育長ら1159人を処分 茨城県教委

 茨城県立高校などの入学試験で多くの採点ミスが発覚した問題で、県教育委員会は25日、教育長や、ミスのあった学校の校長、教員ら1159人を懲戒処分や文書訓告にしたと発表した。

 昨春と今春行われた県立高校や中学、中等教育学校の入試で計988件の採点ミスが判明。本来合格となるべき受験生4人を不合格としていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ