日産公判 「報酬未払いでなく減額」 ケリー被告、改めて無罪主張

グレゴリー・ケリー被告(三尾郁恵撮影)

グレゴリー・ケリー被告(三尾郁恵撮影)

 日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(67)の役員報酬を過少記載したとして、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪に問われた元代表取締役、グレゴリー・ケリー被告(64)の公判が12日、東京地裁(下津健司裁判長)で開かれ、初の被告人質問が行われた。ケリー被告は、ゴーン被告らとの共謀を否定し、改めて無罪を主張。「(ゴーン被告に)未払い分の報酬があったのではなく、報酬が下がったと理解していた」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ