パンダ「良浜」に妊娠兆候 和歌山・アドベンチャーワールド

 国内最多の6頭のジャイアントパンダを飼育している和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」(AW)は30日、雌のパンダの良浜(らうひん)(20歳)に妊娠の兆候がみられるとして、出産準備のため一般公開を休止したと発表した。妊娠していれば11~12月ごろ出産する見込み。AWでは、これまでに良浜を含め計16頭のパンダが誕生している。

 AWによると、良浜は6月11~12日、人間で言えば80代の雄の永明(えいめい)(28歳)と交尾が確認されていた。今月25日以降、餌の竹の摂取量が減り、睡眠時間が増えるなど妊娠の兆候が観察されたという。

 永明は良浜との間に9頭、ほかの雌との間にも6頭の子宝に恵まれており、飼育下で自然交配の繁殖に成功した世界最高齢の雄。今回良浜が出産すれば記録を更新することになる。中尾建子(たつこ)副園長は「元気な赤ちゃんが生まれるよう手助けしたい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ