BOSSとクレヨンしんちゃんがコラボ レアキャラ・売間久里代起用の企画が話題「やるなサントリー」「最高すぎる」

 サントリーのコーヒー飲料ブランド「BOSS」と人気アニメ「クレヨンしんちゃん」のコラボが注目を集めている。過去にもタッグを組んだことがあるBOSSとクレヨンしんちゃんだが、13日から始まったキャンペーンの特別企画には、登場回数は少ないものの、多くの隠れファンを持つキャラクター、売間久里代(うりま・くりよ)を起用。マニアックな人選でファンを沸かせた。

 同ブランドでは「クレヨンしんちゃん×BOSSで新しい生活を応援」キャンペーンを展開中。その特別企画として、売間からキャンペーンに関する“地獄のセールス”が受けられる「地獄のセールスダイヤル」が開設された。期間は5月31日までとなっている。

 売間は、アニメ「クレヨンしんちゃん」に登場するレアなキャラクター。マユツバ社に所属する27歳の営業成績ナンバーワンの訪問販売員だが、商品を売りつけるため野原家を訪れても、宿敵であるしんのすけに邪魔されることが多い。

 同企画は、キャンペーンサイト内にある電話番号に電話をかけると、売間による“地獄のセールストーク”が聞けるといったもの。魔法のセールストークで、キャンペーンへの参加を促すことが狙いだ。

 コアなファンを持つが、レアキャラの売間にスポットライトが当たった経緯には、クレヨンしんちゃんのツイッター公式アカウントによる推薦があった。クラフトボスの公式アカウントでキャンペーンをPRしてくれる人を募ったところ、同作の公式アカウントから「セールスにぴったりな人がいる」と返信があり、推薦された売間を起用することになった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ