「ケンミンSHOW」で山口県の「瓦そば」トレンド入り 「そばはホットプレートで食べるもの」という地元民も

 15日放送の読売テレビ・日本テレビ系のバラエティー番組「秘密のケンミンSHOW極」で、瓦そばが紹介された。番組放送中からネット民の注目を集め、ヤフー検索トレンド上位にランクインした。

 瓦そばとは、熱した屋根瓦の上に茶そばと具をのせて、めんつゆで食べる山口県の郷土料理。10年前に同番組で紹介したころは下関市のローカルグルメだったが、5年ほど前に社会現象にもなったTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の第5話「ハグの日、始めました」に登場したことをきっかけに人気と知名度がアップ。現在では山口県全域に拡大し、約150軒で提供されているという。

 熱々の麺と温かいつゆで食べることや、家庭では屋根瓦の代わりにホットプレートを使うことなども紹介された。具材の肉は時雨煮にした牛肉が定番だが、豚肉やツナ、カニカマなど家庭によってさまざまなレシピが存在するとのこと。

 放送中から視聴者の注目が集まり、検索トレンドでじわじわと順位をあげた。ツイッターには、「麺のパリパリしたとこ、美味しいですよね」「焦げ目が付いた麺と柔らかい麺との落差が逆に歯ごたえがあり新鮮」「甘辛い牛肉がそばつゆにぴったり合っていくらでも食べられます」「本当に美味しくて家でも作れるから是非皆さん食べてほしい」など、地元住民や食べたことのあるユーザーからのおすすめコメントが相次いだ。見た目がSNS映えすることも人気の一因のようで、「映えるばい!」などと店舗や自宅で撮影した瓦そばの画像を添えた投稿が少なくなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ