マックが世界約50カ国で「BTSミール」発売 世界中のファン熱狂「食べないと!」「ドライブスルーに直行!」「なぜイギリスは対象外?」「日本でも発売して」

 ファストフード大手の米マクドナルドは、韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」とコラボレーションしたセットメニュー「BTSミール」を5月26日から順次、世界約50カ国で投入すると公式リリースで発表。海外や日本のファンからさまざまな反応がツイッターなどに寄せられている。

 同メニューは、10個入りのチキンナゲットにMサイズのフライドポテトとコーラがセットになっており、これに韓国マクドナルドのメニューから着想を得たというスイートチリ味とケジャン味の2種のディップソースがついてくる。

 リリースに添付されたイメージによると、同メニューは米国やカナダ、ブラジルやマレーシアで5月26日に発売開始。その後も豪州、韓国、メキシコ、シンガポールなど計49カ国で発売されるようだ。

 同チェーンでは昨年も、人気ミュージシャンのホセ・バルビンやトラビス・スコットとコラボしたメニューを投入するなど、これまでに多くの著名人とタッグを組んで限定メニューを販売してきたが、今回、これだけの世界規模でコラボメニューを展開するのはBTSが初めてだという。

 同社の公式ツイッターでは、BTSが7人組であることから「McDonald’s7」とネーム表記を変更。グループとファンの変わらぬ絆を示す「紫色」のハートも添えて大々的に宣伝している。

 メンバーをイメージした7本のポテトを並べた画像とともに「BTSミールが5月にやってくる」とユーザーに向けてツイートすると、日本時間21日午後3時までに60万件近い「いいね」と3万件を超えるコメントが殺到。世界中から「私たちのお気に入り!」「ツイッターネームの『7』と紫のハートが最高」「いまダイエット中だけど、これだけはどうしても食べないと!」「ドライブスルーに直行だ!」などと興奮に満ちた書き込みや、同社のスローガンとして知られる「I’m lovin’ it」(=めちゃ大好き)をもじった「we’re lovin’ it」といった投稿が相次いでいる。ほかにも「ミールと一緒にメンバーのフォトカードとかもらえないの?」といた質問や、「リストの中になんでイギリスが入ってないの?」「ドイツでも販売して。お願い!」とのラブコールも聞かれる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ