前澤氏が世界に1台のロールスロイス購入、本人の希望でエルメスと初コラボ ネット民「こんな車乗ってみたーい!」

 インターネット衣料品通販大手「ZOZO」の創業者で実業家の前澤友作氏(45)が27日、自身のツイッターで高級車「ロールスロイス」を購入したことを報告。同社によると、内装は前澤氏の希望によりフランスの高級ブランド「エルメス」とコラボしており、同氏が所有する織部焼のコレクションからインスパイアされたボディカラーを採用したオーダーメードだという。ネット民からは「こんな車乗ってみたーい!」などと多くの反響が寄せられている。

 前澤氏は自身のツイッターで「車買った。ロールスロイスとエルメスの初コラボ。安土桃山時代の織部焼がモチーフ。歴史を超えたイギリスとフランスと日本を代表するクラフツマンシップと芸術の交流」と報告。さらに「内装はこんな感じ」と連投し、計8枚の写真で購入したばかりのロールスロイスを紹介している。この投稿にネット民が沸き、ヤフーのリアルタイム検索では27日夜に「ロールスロイス」が急上昇した。

 同氏が購入した車両は、ロールスロイスの中でも最高峰モデルとして知られる「ファントム エクステンデッド」。産経デジタルがロールスロイス広報部に問い合わせたところ、「ファントム オリベ」と名付けられたこの車は、前澤氏がオーダーメードした世界に1台だけのオリジナルモデルだという。インテリアについては「エルメスに入ってほしい」との彼の強い希望で、ロールスロイスとエルメスがデザインを初コラボ。ボディカラーには織部焼がモチーフの「オリベ・グリーン」とクリーム色を採用しており、前澤氏の人柄や情熱を表現した色に仕上がっているという。現在は生産が終了したばかりで、納車されるのはこれからだという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ