【近ごろ都に流行るもの】「自撮りでモデル副業」 看護師ら…休日にスマホ写真を納品 

 看護師、会社員、ヨガ講師などの本業を持っている人が、休日に広告被写体を務める「週末モデル」という副業がある。これまでは一般的なスタジオ撮影で行われてきたが、コロナ禍での“非接触”の苦肉の策が思わぬ反響を呼んでいる。モデル自身がリモートで自撮り写真画像を納品する「リモフォト」だ。スマホの高性能化に加えて、SNS慣れした若者にはお手の物。カメラマン不要のため企業側は低予算で発注でき、モデル側は自宅で短時間で副収入が得られ、この1年で一気に広がった。「本業を頑張るための副業」として活動する看護師に密着した。(重松明子)

 都内のワンルームマンション。自宅のベッドに座り、グラスを手にする大原茉莉奈さん(27)。スマホに向かい、次々とポーズを取り表情を変えている…。この日はグリーンスムージーの広告依頼で、撮影は1時間ほどで終わった。

 モデルは月2、3回。本業は看護師だ。非常勤身分だが週に5日、行政機関とPCR検査場所に出勤しコロナ対応に追われる。「医療現場から離れる時間が息抜きになる」と大原さん。

 納品した写真は主にネット広告に使われ、友人から「買ったよ」と声をかけられることも。「役目を果たせたと感じてうれしい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ