「MUFGパーク」にネット民興味津々「西東京市になんか凄いの来たー!」 三菱UFJ銀保有の運動場をリニューアル

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の三菱UFJ銀行は、東京都西東京市に保有する運動場を「MUFGパーク(仮称)」としてリニューアルし、2023年6月をめどに一般開放する計画を6日に発表。ネット上では「西東京市になんか凄いの来たー!」「楽しみだぁ!」などと期待する声が相次いでいる。

 同行が保有する「武蔵野運動場」は、約6ヘクタールの総面積を誇る広大な施設。同地を改修して開設する「MUFGパーク」は「ネイチャー」「スポーツ」「コミュニケーション」の3つのコンセプトエリアから構成され、テニスコートのほかサッカーやラグビーで利用できるグラウンドや、数万冊を蔵書する図書施設を新設する。

 MUFGでは同パークを通じて、都心部における自然価値の保全・継承、ウィズ/アフターコロナ時代に対応したコミュニティー形成の支援、レジリエントな社会(しなやかな強さを備えた社会)の創造に貢献したいとしている。

 ネット上には「西東京市にステキな場所が出来るのか!楽しみだぁ!」「MUFGパークは行ってみたいw」「西東京市になんか凄いの来たー!」「これはありがたい施設が近所に出来るな」などと歓迎する声が数多く寄せられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ