「会食しない」誓約求める 三重大、宣言地域の学生に

 三重大(津市)が新型コロナウイルスの緊急事態宣言下の地域から通う学生に対し、「会食しません」などと確認させる「誓約書」の提出を求めていたことが11日、大学への取材で分かった。大学は「学生の(感染予防)意識を高めることが目的だった」と説明、今後は「確認書」に切り替えるという。

 三重大学務部によると、誓約書は「十分な感染予防対策を講じます」「三重県内では、人数や時間を問わず会食しません」「カラオケはしません」「旅行は控えます」など8項目。大学は対面とオンラインの授業を併用しているが、4月下旬に大阪府などに出された緊急事態宣言を受け、体育などの対面授業を受ける学生に、名前や学籍番号、項目をチェックして学部事務に提出することを求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ