大阪市の64~74歳ワクチン接種 6月7日から3段階で予約開始

 大阪市は25日、高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種について、64~74歳(今年3月末現在)を対象としたスケジュールを公表した。予約は6月7日からで、72~74歳、68~71歳、64~67歳の3段階に分けて高い年齢層から順に受け付ける。接種は14日から開始。予約が可能になることを対象者に知らせるはがきを、2日から順次発送する。

 ワクチンは2回接種が必要。72~74歳は予約受け付けが7日から、1回目接種が14日から、2回目が7月5日から▽68~71歳は予約受け付けが6月14日から、1回目接種が21日から、2回目が7月12日から▽64~67歳は予約受け付けが6月21日から、1回目接種が28日から、2回目が7月19日から-となっている。

 予約を申し込む際にはまず、かかりつけ医など医療機関での「個別接種」か区民センターなどでの「集団接種」かを選択。個別接種の予約は医療機関に自身で申し込み、集団接種の予約は市のホームページかコールセンターで申し込む。

 市が6月7日に開設する大規模接種会場(インテックス大阪、住之江区)での接種については別枠のスケジュールで、65歳以上ならネットで1日から予約が可能となる見込み。

 松井一郎市長は「会場や医師らのマンパワーをフル稼働させ、7月末までに高齢者への接種を終わらせたい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ