データでわかる都構想 交通の利便性が最も高いのは

4特別区の1平方キロメートルあたりの駅の数

4特別区の1平方キロメートルあたりの駅の数

 地域の交通の利便性を示す指標の一つが1平方キロメートルあたりの駅の数だ。現在の大阪市エリアは、もともと大阪メトロを中心に鉄道の路線が現在の大阪市内を広くカバーしているため特別区に移行した場合も、4特別区の駅の数は府内各自治体と比べても突出して多くなる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ