困窮世帯に最大30万円 新型コロナで政府検討 7月にも支給開始

閣議に臨む(左から)菅義偉首相ら=25日午前、首相官邸(春名中撮影)

閣議に臨む(左から)菅義偉首相ら=25日午前、首相官邸(春名中撮影)

 政府が新型コロナウイルスの感染拡大で家計が厳しい状況に追い込まれた世帯に向け、給付金を新たに創設する方向で検討に入ったことが25日、分かった。3カ月間で最大30万円を支給する方向で調整しており、自治体と支給条件などを調整した上で早ければ7月に支給を開始する。複数の政府関係者が明らかにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ