テレワーク時代のリスク・コスト対策に、「BPO(事務代行)サービス」利用企業が増加中

株式会社データビジネスサプライ

 ~ 長年の属人的な業務も標準化できると評判! ~

 株式会社データビジネスサプライ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:東郷一郎)は、企業の事務・物流・通販業務全般の標準化およびコスト削減がワンストップで実現できる「BPOサービス」を2021年7月5日(月)より事業強化いたします。その第1弾として、茨城県のセンターに加えて東京都渋谷区に分室を開設し、BPO・コンタクトセンター(電話代行)業務サービスを開始することになりました。【URL】https://www.dbs.jp/

通販のお客様対応だけでなく、販売店向けサポート事務局やテレアポ(アウトバウンド)業務の依頼も増加しています。

BPOサービスの3つの特徴

 1.物流・通販・コールセンター・事務など諸業務の外注先を一社にまとめて一元管理

 2.新商品発売など電話注文集中時の波動にも対応可能

 3.“あの人にしかできない(属人的)業務”をなくし、標準化

BPOサービス誕生の背景

 今まで、業務が属人的になっていたり、アナログで非効率だったり、複数の業者へバラバラに外注されて問題が多かったりと、様々な悩みがあっても変えるキッカケが見つからないという課題が多くの企業にありました。

 しかし、働き方改革が進み、さらにコロナ禍によるテレワーク普及の環境変化が決め手となり、同社の「BPOサービス」事業強化がスタートしたといいます。渋谷区代々木にBPO別室を開設し、代行サービス業務が本年7月より始まることになりました。

BPOサービスの使い方・利用シーン

 (1)コンタクトセンター:

 電話代行(インバウンド・アウトバウンド)、メール・FAX・SNSの送受信、受注データ入力、EC受発注処理、キャンペーン事務局業務

 (2)事務(バックオフィス):

 請求書発行・発送、DM封入・発送、レポート作成、データ入力・加工

 (3)物流・通販(自社物流センター連携):

 倉庫保管(商品・機密文書)、入出荷、梱包発送、流通加工、検品、キッティング、返品対応

BPOサービスの実績・方針

 同社は、「メール代行・電話代行・納期回答・FAX送受信等、一般的な事務まわりの業務にも対応しています。BPOサービス導入をきっかけに業務の効率化や人員配置の最適化、コスト削減を推進されたお客様が多くいらっしゃいます。社内解決が難しいイノベーションを、アウトソーシングを併用することで一気に推進することが可能です。ニューノーマル時代の今だからこそ、新たな取り組みを弊社は一緒に考え続けています。」というサービス方針を打ち出しています。

お客様メール対応に加え、SNSを使ったキャンペーン事務局業務などのニーズも高まっています。

【会社概要】

 会社名:株式会社データビジネスサプライ

 所在地:東京都渋谷区代々木3-28-6 いちご西参道ビル別館

 代表者:東郷一郎

 設立:1976年

 URL:https://www.dbs.jp/

 事業内容:物流・通販代行業、コールセンター代行業、印刷・販促物(SPグッズ)制作、バーコード関連機器販売

【お客様からのお問い合わせ先】

 株式会社データビジネスサプライ

 TEL:03-3375-3858(平日 月~金9~18時)

 E-mail:info@dbs.jp

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】

 株式会社データビジネスサプライ 営業推進部 内海

 TEL:03-3375-3858(平日月~金 9~18時)

 E-mail:info@dbs.jp

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ