センバツ大会3号はランニングホームラン!SNS「初めて見た」「よく走った」

 一方、「なかなかホームラン出ない中で、第3号はランニングホームラン」という投稿があるように、今大会はなかなな本塁打が出ず、大会第1号と2号が飛び出したのは、大会5日目の第1試合、東海大菅生(東京)対聖カタリナ学園(愛媛)戦だった。開幕から13試合目での1号は、金属バットが導入された1975年の第47回大会以降では最も遅い記録となった。3本目が珍しいランニングホームランとなったことで、「例年以上にホームランが出ない年で3本目がランニングホームランとは…」「大会3本目HRはまさかのランニングホームラン」と驚くネットユーザーも多かった。

 また、野球ファンにとってのランニングホームランといえば、2007年の米大リーグ・オールスター戦で、イチローさんが放ったあの一打が思い出されるようで、当時の動画を貼りながら「ランニングホームランと言えば…」とつぶやく人もいた。

 試合はこの2点を守り切った中京大中京が勝利。2回戦進出を決めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ