聖火リレー感染者で組織委が発表訂正 運転手は隊列外車両

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は11日、佐賀県で9日に実施した五輪の聖火リレーで新型コロナウイルスに感染した運転手が乗車していた伴走車両が、聖火リレー隊列外の後方支援の車両だったと訂正した。10日の発表では、この車両が「リレーの隊列に加わっていた」としていた。

 組織委によると、隊列外で配布グッズなどを運んでいたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ