止まらないオオタニサンにネットも大興奮「今日もですか?笑」「怪我だけは気をつけて」

 止まらないそのバッティングにネットユーザーたちも大興奮だ。

 米大リーグ・エンゼルスで活躍中の大谷翔平投手(26)は日本時間19日、インディアンス戦(アナハイム)に「2番・DH」で先発出場。初回の第1打席に3季ぶりの3試合連発となる14号中越えソロを放った。右腕プリーサックの93・7マイル(151キロ)の速球を捉えた打球は、中堅フェンス後方の芝に着弾。打った瞬間それと分かる一発で、メジャー単独トップの本塁打数を伸ばした。

 先発投手として登板しながら、投げない日は、連日、打者としてスタメンに名を連ね、スタンドに打球を放り込む痛快さにネットユーザーは大興奮。この日、ツイッターでは「大谷翔平」「オオタニサン」「大谷14号」「確信歩き」などのワードがトレンドに入り、「凄すぎる…」「きょ、今日もですか?笑」「オオタニサン、また打ってる!!」などの書き込みが殺到した。

 さらに四回の第2打席は先頭で、中前打を放った大谷。豪快な一発だけでなく、コンパクトなバッティングを見せつけ、日本のファンを「ホームランの次はセンター前ヒット 捉え方がうまい」「あの球をセンター前に打ってたら率も上がるよ」「この男に疲労という文字はないのか」などと驚かせた。

 大谷の活躍にネットユーザーたちは「イチローの現役見れたのも幸せでしたが、大谷の活躍をリアルタイムで追えるのも幸せだ」「大谷が野球してるのをリアルタイムで見れる我々はかなり恵まれている」などと大喜び。好調をキープする大谷だが、ファンの心配ごとは故障で、ツイッターには「翔平、怪我だけには気をつけて」「ケガだけはしないで1シーズン終わってほしい気持ちしかないで」「投手で先発して休養日もほぼ無しで野手としても試合に出続けてるから疲労も半端ないだろうし只々故障が怖いな…」などと気遣うコメントも多かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ