兵庫・篠山城跡で聖火リレー 紀平梨花「短い距離も、気持ちを込めて走りました」

 東京五輪の聖火リレーは24日、兵庫県で2日目を迎えた。新型コロナウイルスの緊急事態宣言で公道でのリレーは中止となり、篠山城跡(丹波篠山市)の周回コースを約20メートル走る方式で行った。

 雨が降る中、フィギュアスケート女子の紀平梨花(18)は手を振りながら聖火をリレー。選手として来年の北京冬季五輪を目指すが、「私にとって来年が重要で初めてのオリンピックを経験できるかもしれない。オリンピックというものは夢に見ていたすごく大事なものだと思うので、短い距離だったんですけど、気持ちを込めて走りました」と刺激を受けたようだ。

 タレント、武井壮(48)は陸上競技と出会った兵庫県でエントリー。「芸能界に今はいますけど、スポーツをバックグラウンドにして、さまざまな能力を頂いて、そこからが僕の人生のスタートだったと思う」と振り返った。盲目のピン芸人、濱田祐太郎(31)は「20メートルでも汗かきました。汗かと思ったら雨でしたけど…」と笑いを誘った。

 予定していたタレント、間寛平(71)は参加を見送った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ