大山が4番復帰の阪神、交流戦初戦を飾れず

 阪神は救援投手陣が踏ん張れず、交流戦の初戦を白星で飾れなかった。25日に甲子園球場で行われたロッテとの交流戦は逆転負け。3-2の八回に2番手の岩崎がマーティンに甘くなったスライダーを狙われ、手痛い逆転2ランを被弾。さらに1死二塁で今度は3番手の岩貞がレアードに左翼線への二塁打を許し、追加点を奪われた。

 2年ぶりとなった交流戦は黒星スタートとなったが、背中の張りで戦列を離れていた大山がこの日、出場選手登録され、約3週間ぶりに「4番・三塁」で先発出場。一回に左前安打を放って復調を印象付けた。矢野監督は「普通にやれていると思うし、これから力になってくれる」と話し、主砲の復帰を歓迎した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ