「科学に従い五輪中止を」 米NYタイムズ紙、元選手の寄稿掲載

 米紙ニューヨーク・タイムズは11日、東京五輪・パラリンピックは新型コロナウイルスの感染が大規模に拡大する「大災害となる恐れ」があり、「今こそ科学に耳を傾け、危険なまやかしをやめるときだ。東京五輪は中止しないといけない」とする寄稿を電子版に掲載した。

 寄稿したのは、元米五輪代表サッカー選手で米パシフィック大のジュールズ・ボイコフ教授(政治学)。

 ボイコフ氏は「日本では60%近い人々が今夏の五輪開催に反対し、新型コロナワクチンの接種を受けたのは人口の2%未満にすぎない」と指摘。「選手は自己隔離を求められず、ワクチン接種も義務でない。大会のために何万もの人々が日本に入国する」と危険性を強調した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ