五輪に激震、米の日本渡航「中止勧告」 警戒をレベル4に引き上げ、宣言発令に気をとられ対策が後手に回ったツケ…「米選手不参加なら開催は厳しい」木村氏

 米国務省は24日、日本での新型コロナウイルスの感染状況を理由に、日本への渡航警戒レベルを4段階で最高の「渡航中止勧告」(レベル4)に引き上げた。これまでは「渡航を再検討」(レベル3)だった。レベル4が当面維持される事態となれば、7月23日に開会式を迎える東京五輪に米国選手団を派遣するかどうかの判断に影響する可能性がある。東京と大阪で24日、自衛隊による新型コロナワクチンの大規模接種が始まったが、菅義偉政権はこれ以上の感染拡大を阻止できるのか。米国や世界の信用を取り戻して、東京五輪・パラリンピックを無事開催できるのか。

 国務省の勧告は、米疾病対策センター(CDC)が24日新たに公表した、新型コロナに関する世界各国・地域の感染レベルを評価する旅行健康情報(THNs)に基づく措置。

 CDCは「日本の現状では、旅行者がワクチン接種を完了していたとしても、(伝染力が高い)新型コロナの変異種に感染し、自ら拡散させる危険がある」と指摘し、「日本への渡航を全面的に避けるべきだ」と警告した。

 国務省は昨年3月、全世界への渡航中止勧告を発表し、8月に国・地域別に評価する方式に変更。日本は「レベル3」に引き下げられ、これまで評価を据え置かれていた。

 新型コロナのパンデミック(世界的大流行)が続くなか、菅首相とジョー・バイデン米大統領は先月16日、米ワシントンのホワイトハウスで対面による日米首脳会談を行った。公表された共同声明には、以下のように記されていた。

 《バイデン大統領は、今夏、安全・安心なオリンピック・パラリンピック競技大会を開催するための菅首相の努力を支持する。両首脳は、東京大会に向けて練習に励み、オリンピック精神を最も良く受け継ぐ形で競技に参加する日米両国の選手たちを誇りに思う旨表明した》

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ