「バイデン大統領」誕生なら米国のパワー衰え、中国がアジアで覇権 台湾めぐって米中衝突の可能性も

次の写真へ
プーチン大統領(AP)

プーチン大統領(AP)

 【緊迫する世界】 今回の米大統領選(11月3日投開票)で、最後となるテレビ討論会が22日(日本時間23日)に行われた。ドナルド・トランプ大統領は劣勢を挽回できなかったようだ。討論会直後のCNNの世論調査で、ジョー・バイデン前副大統領は53%、トランプ氏は39%。米政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」の調査では、全米でバイデン氏が50・7%、トランプ氏は42・8%。激戦州でもバイデン氏が優勢である。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ